ラックんの日記

ラックんの日記

世間は狭い

日記

 

世の中には不思議なことが起きる

 

ぼくは10代の頃から結婚するまでの

30年位の間彼女が居なかった時期が

全くない

 

芸能人やタレントでいいなと思っても

最初だけで次から次へと出てくる女性

に目移りしてしまうため固定のファン

が居たことも無い

 

基本的に彼女が居ないという空白の

時期は折角の女性に相手にされる貴重な

期間を機会ロスしている感じがする

 

なので付き合っている彼女との仲が

怪しくなってくると別れる前に次の

彼女を探していた

 

今のぼくが言うのもなんだけど当時は

女性というものをキャラでなくアクセ

みたいに捉えていたのかもしれない

 

世の中の半分は女性なので実際困る

ことは一回も無かったし

 

女の子と付き合うのは本当に簡単だった

 

別れるのにうまくいかず蹴られたことや

皮肉を言われたこともあった

 

ぼくの母に泣きついた子もいてお袋に

説得されたこともあった

 

ただぼくは別れ際うまくいかなかった

こともありつつ二股だけはしなかった

 

浮気は色々と神経を使うのでその

苦労を考えるのが嫌だったから

 

結局浮気をすると彼女が悲しむからとか

そういう理由でなく自分発信のお子ちゃま

 

そんなぼくも結婚し本当に落ち着いた

 

妻曰く結婚のお披露目のとき親族全員から

あいつはやめておいた方がいいと言われた

らしくすぐ別れると思っていたらしい

 

それくらい会うたび会うたび違う彼女を

連れているというイメージがぼくには

付いていたようだ

 

そんなぼくにしては結構長く付き合った

彼女が25年くらい前にいた

 

何だかんだで3年は付き合ったと思う

 

彼女は都内に居るはずで確かシングル

マザーだったはず

 

先日アプリで配車された男性のお宅へ

朝の4時半ごろ迎えに行くと男性に

連れられ出て来た女性を送ってくれ

ということだった

 

身体をひねって後ろを振り向くと

なんと別れた元カノじゃないか!

 

ロスインティオス&シルビア



彼女はもう四十代半ばだと思うが

結構いい女になっていた

 

声は当時のまま全く変わっていない

 

どうしたものかと思いつつ今は彼氏

もいるようだしぼくも妻がいるので

蒸し返さないほうが良いと判断

 

結局彼女もなにか感じたのか支払い

を終え降りる時ぎこちなく下車した

 

恐らくもう二度と遭遇することは

無いと思うが営業エリア内の

ニアミスなので結構ビビった

 

今でも若くますますイイ女になって

いたので不覚にも下心が一瞬出た

 

結婚前のぼくならばどうにか

なっていたかもしれない

 

それにしてもなんで千葉なんかに

引っ越してきてるんだよ!

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.