ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ウマい蕎麦でもどぉ?

日記

 

ぼくがまだ20代のころ

死んだ親父の知人ら40代の

人達と昼ごはんを一緒に

食べる機会が頻繁にあった

 

ぼくとしては当時肉一枚で

ご飯をどんぶりに3杯くらい

食べちゃうような大食漢だった

 

ところが40代50代の人は

昼と言えばなぜか蕎麦屋になる

 

当時のぼくは蕎麦屋は物足りなく

いつも肉南蛮蕎麦にご飯を注文して

肉南蛮の肉をおかずにご飯を食べた

 

そして今

 

妻は40代・ぼくは50代だが

蕎麦屋へ行く頻度がとても増えた

 

今日はご主人が自分で蕎麦を栽培し

趣味的にやってる蕎麦屋を見つけた

のでこちら行ってきた

関連ランキング:そば(蕎麦) | 八千代台駅八千代中央駅京成大和田駅

 

10割そばののぼりにテンションは上がる

店内は改装したばかりかとってもきれい

 

混むと思い開店と同時に飛び込んだ

 

ところが予想と違い店内はガラガラ

 

結構不便な場所なのできっと立地の

問題だと思う

 

たまたま土日だったので限定の

粗びき蕎麦を注文した

 

そのほか天ぷらと鴨焼きを注文

 

天ぷらに使用している野菜は地物らしい

海老はぶりぶりで食べ応えがあった

 

鴨焼きの鴨は正直それほどでもなく

あちこちで食べている妻とぼくの

舌をうならすことは出来なかった

 

天ぷらも鴨焼きも料理が冷めていて

所詮は素人の家庭料理を思わせる

 

時間が経っているわりに天ぷらは

サクサクしていたのが救いだった

 

ほどなくして蕎麦が登場

お世辞抜きでここの蕎麦は素晴らしい

蕎麦の香り・のど越し・歯切れそして

冷やし方の全てがとっても優秀だった

 

先にでた料理がいまいちだったが見事

この蕎麦で挽回してしまった感がある

 

ここは潔く蕎麦を2・3枚食べて帰る

のが良い店だと感じた

 

辺鄙なところにあるが蕎麦はとても

素晴らしいし蕎麦つゆも美味しかった

 

美味しい蕎麦を食べたくなったら

定期的に通いたい店だなと思った

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.