ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

お金の奴隷は心が貧しいね

日記

 

今月度締め日

 

結論を言うと目標未達だった

 

あと5千円足りずフィニッシュした

 

概ね締め日は毎月調子がいい

 

 

理由は皆早く帰ってしまうため

必然的に台数が少なくなるから

 

ところがところが…平日なので

昨日はそんなことなかった

 

研修時代に戻ったように売上が

出来なくて休憩時間も増えた

 

22時まででまだ1万5千円

 

今日は5万以上作りたかったが

この調子だと4万が良いところか?

 

22時以降のゴールデンタイム

 

駅に並び待っているとぼくに

乗り込むカップル…と思いきや

 

彼氏が「○○駅までお願いします」

そして彼女一人が乗り込んできた

 

○○駅に車を向けると彼女はすぐ

「交差点で止めて下さい」

 

うわ!出たよ

 

男にタクシー代出させてすぐに

降りて電車で帰るセコイ女

 

ウチの妻がこんな女じゃなくて

良かったと思いつつ15分待って

ワンメ―ター客を掴んだショック

 

また行列に並び直しかぁ

 

そしてすぐさま空車にするとアプリ

が鳴ったので迎えに行くとこれも

駅の反対口までの近距離

 

「若いんだから歩いて帰りなさいよ」

 

そして駅に入り次のお客は中距離の

某駅までとのこと

 

某駅で降ろし空車にすると又アプリ

 

そのお客の告げた目的地に向かうと

「そこ左に曲がって欲しかった」

というので案内頂いたらその通り

車を動かしますと言うとお客は

 

「もう道わかんない、任せる」

 

その後目的地に着いた時2100円

 

するとそのお客は2千円置いて車の

ドアを開けようとしたので支払いを

要求するとこう言いだした

 

「いつもこれでお釣りがくる」

「あんたセンスないよ」

 

もう何言ってるかわからない

 

ゴールデンタイムで時間が

勿体ないので黙って降ろしたが

気分悪いよね!

 

大体そのお客が言う「いつもは」

がホントか嘘かわからない

 

常識的に考えて欲しい

 

例えば飲食店で少し盛り方が

違っていて、いつもの盛り方と

違うから金はこれしか払わない

 

とか言われてお店は素直に

はいそうですかとは言わない

 

ぼくが嫌いなのは時々お金を払う

人が偉いみたいな考え方をする人

 

商品やサービスを提供するから

お金と交換しているだけで

どっちが偉いとか本来なく

関係性は対等であるはず

 

それを勘違いした心が貧乏な人は

自分の理屈を押し付けて納得が

出来ない時は値引きを迫る

 

金というものの奴隷になっている

さもしい人の典型でぼくの考え方

と真逆で生理的に受け付けない

お金のために働くと一生お金の奴隷。経済的自由を得るためにすべき事とは?

 

言い方悪いがぼくの目の前から

消え失せてほしい、キモイ!

 

 

渋谷から千葉までタクシーで

来て気持ち悪くなり2時半頃

ぼくの車に乗り込んできた

モデルの男の子

 

彼は1万チョイ使ってくれ

ようやく44000円まで

売上が作れたが悲惨な締め日

 

まぁこういう日もあるでしょう

また来月度は心機一転頑張ろう

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.