ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

友と最後のお別れ

日記

 

先日くも膜下出血で倒れていた

友人がとうとう他界した

 

今日納棺だったので仕事を止めて

友人が眠る彼の家へ妻と向かった

 

午後一杯居たが雑司ヶ谷が近く

別の親友と鮨屋でもと思ったが

親友は車で来ていたので妻と

船橋鮨屋へ行こうと向かった

 

前回匠横田さんへ行ったが妻が

言うには天ぷらは美味しいが

鮨は納得行ってなかった

 

どさん子の彼女は海鮮だけは

とても舌が肥えている

 

今日の鮨屋はどうだろうか?

ここはいわゆる江戸前鮨を出す

お店だが素材に拘る人気店

 

付き出しは姫サザエ

キモも苦味なくおいしかった

 

ぼくは北海道産の真ガキを注文

大好物なので何個でも行ける

 

ホタテは開いたものでなく一枚物

大きくぶりぶりして旨かった

 

妻は寿司大以来の美味しい寿司

とテンションが上がっていた

 

本マグロは赤身をもらった

ネットリとした食感は本マグロ

ならではだな

 

のどぐろが切れていたので大将

お薦めの黒ムツの炙りが出た

 

これとても美味しい、皮目の

炙りも絶妙だしなにより妻の

テンションが半端ない

 

ぼくは生うにを注文した

塩水ウニではないがこの時期では

他に負けないと大将が言ってた

ミョウバン不使用の生うに

 

ウニには煩い妻にGOを出し

妻にもウニを頼んだがこれも

旨いとお墨付きをもらった

 

本マグロの中トロは安定の旨さ

 

途中で焼いていた玉子を妻が

注文したがあまりの旨さにぼく

のまで食べようとしてたので

追加で注文したくらい

 

玉子焼が旨い店は往々にして

旨い寿司を出している

 

車エビを頼むと大将からボタン海老

もおいしいよと言われたので注文

 

ボタン海老は軽く炙って巻物に

した感じで提供された

 

軽く炙ることで海老のぷりぷり感

が出ていて新しい発見で海苔も

おいしかった

 

妻が北寄は生かどうか聞いたら

生とのことで注文したら旨いと

言うのでぼくも注文してしまった

 

そしてぼくの大好きな光物へ

大将のおすすめをにぎってもらう

 

釣り鯵がやばいくらい旨い

特製の煮キリも合っていた

 

 

以前小樽で食べた以来のニシン

骨切りの下処理も完璧だった

 

これはしめ鯖も期待できそう

なので注文したがぼくの好きな

浅締めだったので大あたり

 

マジでくそうめぇ

 

今日はいつもよりも多く

するすると胃に納まる

 

そして大将お薦めの北海道産ぶり

脂のノリが半端ない

 

大将がおすすめするネタはどれも

とてもおいしくハズレが無い

 

ていうかこの店一つとしてハズレ

が無くネタに厳しい妻はご満悦

 

これはトロフィーユという創作系

ただのトロをミルフィーユ状に

にぎったものだが全身でまぐろを

堪能できる一貫

 

妻にも薦め一貫貰ってお椀を貰い

閉めた頃ようやく6時すぎてお客

がぞろぞろと入ってきた

 

僕らはお腹いっぱいになったので

早々に切り上げ退散した

 

妻が偉く気に入ったのでこれから

鮨はここに通うことになりそうだ

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.