ラックんの日記

ラックんの日記

懲りない個タクのバブル脳

日記

 

ぼくがハイティーンの頃

日本はバブル好景気の真っ只中

 

16歳の夏に当時付き合っていた

彼女を誘い家出して同棲していた

 

ガソリンスタンドでバイトをして

生活していたけど当時のGSは

ガソリン以外の添加物なども販売

していた

 

そこでガソリン以外の洗車や物品

オイル交換などを客に薦めるが

月に400万くらい売っていた

 

当然スタンドの営業トップ成績

所長賞で鰻重をごちそうになった

こともいい思い出だ

 

バイトなのに月の収入は30万

その他に私設でノミ屋もやり

こっちも30万くらいあがった

 

その時世話になっていた料理店の

マスターや個人タクシーの友人ら

と毎日楽しく生活をしていた

 

一度メーターを立てて6人乗りの

タクシーで温泉に遊びに行ったが

20万以上のメーター表示だった

 

ある日タクシーの友人が午後から

ちょっと稼いでくると言って夕方

に戻ってくると僅か5,6時間で

8万の売上を作ってきた

 

当時は大手だと新卒でもタクチケ

が配られ通勤や私用でも使えた

 

また街でタクシーを拾うのに万券

をちらつかせお釣りはチップで!

というのが一般的な世界

バブル時代は万札見せてタクシーを止めてたってまじ? FXでひと儲けして一人バブルを体験したいw | FX初心者トレーダーの気になるニュース情報メモ

 

タクシーは乗って頂くではなく

乗せてやっているという乗り物

だったのは間違いない

 

そんな時代を経験すると人に

よってはバブルの感覚を引きずる

 

ぼくの友人は40代になっても

アッシー君とかめっしー君とか

言ってバブルを引きずっていた

 

ご乗車頂くお客様から良くお褒め

の言葉を頂くがその時必ず個人の

運転手は狭い道を嫌がり近距離は

歩け!と説教が始まるとの愚痴

 

営業年数の長い個人の人は自営

なので傷の修理代や低単価を

極端に嫌う傾向がある

 

そのあたりの個人的事情は正直

お客様には全く関係のないこと

 

今日日自分の都合だけで営業する

店は淘汰されているがタクシーに

関しては未だにバブルを引きずる

乗務員は少なくない

 

こういう一部のバブル脳が行う

傍若無人な振舞いは業界全体の

質を低下させる原因となる

 

タクシー運転手の世間から一段下に

見られがちな傾向はこういう雲助的な

行動に起因しているような気がして

ならない

 

バブル脳の運転手が引退するあと

数年は業界を是正することは困難

だが次世代はきっと洗練された

スマートな営業が出来るはずだ

 

その日までぼくはぼくで自身が

出来る最高のパフォーマンスで

お客様をもてなしていこう

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.