中学生が車にはねられ重体

日記

 

昨日は早く家に帰ってきたので11時半

に寝たのだけど電気毛布の温度を下げるの

忘れていて1時ちかくに一度目が覚めて

また寝たのだが結局4時半に目が覚め

そのまま布団から出た

 

それでも5時間寝たのでいつもよりは

快調に起きることが出来た

 

それにしてもこの間連休だったのにもう

3連休なのでタクシー業界に入ってから

休みの多さを実感している

 

冷静に考えると一か月で1/3しか乗務

しないのだから当然なのだが妻からは

いつも家に居る気がすると突っ込まれて

いることを否定できない

 

早起きしたのでネットでニュースを見て

いたらこんな記事があった

 

名古屋市南区の交差点で自転車で横断していた

中学生がワンボックスカーにはねられ意識不明

 

f:id:baouthereal:20220208173731p:plain

記事によると自転車は右折してきたらしく

それを運転手ははねてしまったらしい

 

ぼくも運転していて特に注意するのが朝の

時間と夕方のゴールデンタイム

 

いづれも通勤通学の慌ただしい時間で

自転車・歩行者がこれでもかってくらい

入り乱れていて車の運転手は細心の注意

を求められる

 

一般の運転手とぼくらプロドライバーの

大きな違いがここにあるとぼくは思ってる

 

勿論プロにも交通をなめた人もいるが

 

プロの場合危機管理に対しては自分の

商売道具(免許)を傷つけることになり

仕事そのものが成り立たなくなるため

交通安全にはとても慎重になる

 

すなわち昔教習所で聞いたセリフ

 

だろう運転→かもしれない運転

 

自転車の近くを通る時は必ず

 

・こちらに広がってくるかも?

・急に横断してくるかも?

・急に止まるかも?などなど

 

そうならなければ良いしそうなっても

瞬時に対応できるように運転している

 

こういうニュースがある度に一般運転手は

自転車のマナーが悪いと自分を棚に上げる

 

ばかばかしいと思うかもしれないが自分が

注意をして運転することで大方のこういう

事故は回避できるはずだと思っている

 

プロドライバーがなぜ2種免許という上位

免許を取らされるのかというと実は運転

技術もさることながら安全運転に対する

意識の向上を徹底的に仕込まれるからだ

 

自動車の事故をニュースで見るたびに見る

こんなの不可避だろとかいうコメントは

ぼくらプロからするとナンセンス

 

危険なことが起きると思って運転している

ので一般ドライバーのように起きないのが

当り前と思っている人とはそもそも回避

する速度で差が出るのは当たり前

 

実は多くのタクシーやバスの運転手たちは

交通系のニュースを見ながら当たり前じゃん

と鼻で笑っているとぼくは思っている

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.