妻への感謝で温泉に来た

日記

 

10か月にわたる受験勉強中に妻には

大きな負担をかけてしまったので

レンタカーを借りて鬼怒川温泉に来た

 

首都圏ではもはや車は必需品ではなく

趣味の世界となっていて実際に車という

負債を一般庶民が持つことはあまり

メリットがなくなったとぼくは思っている

 

今や車を所有するだけで付帯費用がかかり

その割に毎日乗るわけでもないので非常に

コスパが悪いモノとなっている

 

ぼくがなぜ底辺所帯なのに金銭的にゆとりが

あるのかというとこういう無駄なことに一切

お金を使わないところにある

 

例えばサブスクやローンなどは無駄だと思う

 

また不動産も一括で購入出来ないのであれば

買うべきだとは思えない

 

宅建で不動産を齧ったら尚更買うべきでない

と強く思った

 

昨日賃貸不動産経営管理士試験が終わり

レンタカーで向かったのは鬼怒川温泉

 

鬼怒川温泉は多くの旅館が廃業に

追い込まれ若者向けの格安旅館が

どこも大盛況だ

 

生憎の曇天だったが小雨だったのでまだ

良かったが宅建の試験日も雨だったし

ぼくは本当に雨男だと思った

 

鬼怒川まではサービスエリアのはしごを

して買い食いしまくった

 

それにしてもサービスエリアは他で買い物

出来ない独占エリアなので高いよな

 

おかげで鬼怒川に着くまで3時間半もかかってしまったし運転マジつまんない

 

まず最初に訪れたのが花いちもんめ

f:id:baouthereal:20211122170306j:plain

f:id:baouthereal:20211122170347j:plain

f:id:baouthereal:20211122170427j:plain

f:id:baouthereal:20211122170459j:plain

試験で疲れたので癒しを求めにきた

 

くそ寒かったので夏に来たら良さそうだった

ていうか鬼怒川人居なさすぎでオワコン

 

f:id:baouthereal:20211122170614j:plain

まぁその後はベタにハチヤでバウムクーヘン

 

金谷ホテルのパンを買おうと思ったら売切れ

だったのでとりあえず宿に向かった

 

今夜のお宿はホテル万葉亭

 

バイキングだけど安い

 

カウンターが外国人なのは最近の格安温泉宿

ではもはや定番化している

 

あちこちでコストを安くするための工夫が

されているがマンガコーナーがあったり

フリードリンクだったり主客層の若者の心を

がっちりとつかんでいると思う

 

高級旅館は高齢者が多いが投票するのが

高齢者だからどうしても高齢者がお金に

余裕ができる社会構造になるよな

 

それを変えたかったら若者がもっと投票

するしかないのだけど小さい時から洗脳

されてしまっているのでそういう気も

起きないんだろうな

 

ぼくはバブルを経験していてバブルは

異常だと思うが30年前に比べ日本は

本当に貧しくなったと感じる

 

所得が横ばいなのに税金などで40%

以上も国に取られているのだから可処分

所得が減っているのだけど巧妙な国の

プロパガンダに乗っているのでそれすら

気がついていない人が殆どだ

 

だから上級国民やウォール街はぼくらを

食い物に自らの懐を潤わせている

 

なんども言っていることだけどそんな日本は

国や企業に自らの資本を搾取されないよう

知識武装して実戦するしかないと思う

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.