ラックんの学びを共有するブログ

ラックんの学び ほんの息抜きです

メディアが犯した大罪

今日本は失われた30年という不況に見舞われ

コロナによってさらに加速している状況です

 

かつて世界の株式時価総額ランキングで

NTT・日本興業銀行・住友・富士・一勧

・三菱・東電とトップ10の7社が日本企業

 

更にはトヨタ・日立・松下・東芝とトップ20

の14社が日本企業でした

 

「24時間働けますか?」の勢いで日本は

世界を席巻していたわけです

 

果たして30年経った今は如何でしょうか?

 

トヨタがかろうじてベスト50に居ても

世界ランキングは大きく様変わりしてます

 

韓国が誇るサムスン時価総額が40兆円

それに対するトヨタは24兆円しかありません

 

そして2020年の今ベスト10には中国の

アリババやテンセントが居て中国企業

 

トップ50に9社も入っています

 

そして今の1位はアップル3位にアマゾン

4位はマイクロソフト5位がグーグル

 

7位がフェイスブックとGAFAMが

ランキングに名を連ねています

 

米国はIBM・エクソン・GE

AT&T・デュポン・GMらがランク外

 

そしてトヨタ以下の日系自動車メーカーは

テスラにあっさり抜かれました

 

このように今や日本は経済大国と呼ぶのも

恥ずかしいほど没落したわけなのですが

 

この失われた30年はリクルート事件

起こった後ぐらいから始まります

 

リクルートを創業した江副浩正という

とてつもない天才は経済史から消されました

 

リクルート事件という戦後最大の疑獄事件に

よって日本のイノベーションは世界に大きく

差をつけられることとなりました

 

もし江副氏が一線で活躍していたとしたら

現在の日本は全く違っていたことでしょう

 江副浩正氏が死去 リクルート創業者・未公開株事件 :日本経済 ...

 

前述のとおり今世界のトップ企業はGAFAM

ですが江副は彼らと同じことを30年も前に

なんとこの日本でやろうとしていたのです

 

ペゾスは元々江副が買収した会社の平社員です

 

ペゾスがアマゾンで行っている事業にAWSが

有りますが江副氏は30年前に構想してました

AWSおすすめし..

 


 

やはり日本は経済を大きく遅らせた原因である

江副氏潰しに対して真摯に向き合うべきです

 

新型コロナによる今のパンデミックは現行の

日本から脱皮するきっかけになりえます

 

かつての追従国に抜かれた事実を素直に捉え

核心的な未来を創るためにも江副氏のような

 人財を国がもっと育てていくべきです

 

メディアが潰した天才によって日本はこの

30年間で世界に大きく後れをとっています

 

いい加減ぼくら国民はメディアの行う情報操作

に対してもっと敏感になったほうがいいです

 

分かりやすい個人攻撃でなくお金の流れを見て

報道しないことを見つけることにより

 

ぼくらはメディアに騙されることなく正しく

世の中が見られるようになることでしょう

 

 

報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか

報道しない自由 なぜ、メディアは平気で嘘をつくのか

  • 作者:西村幸祐
  • 発売日: 2017/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.