ラックんの日記

ラックんの日記

意味のないPCR検査

世間は4連休ですって!

 

どおりで昨日の夜はにぎやかだった訳と

納得ですがおはぎの手配で忙しいわ!

 

 

 

 

スウェーデンのコロナ対策に対しWHOの

テドロスさんは最初「とんでもねぇ国だ!」

 

と言っていましたが、

ノーマスク・ノーロックダウンで

 

新型コロナを制圧しました

 

これをうけテドロスは全世界は

スウェーデンを見習うべき

 

と真逆のことを言い出す始末

 

世界中のマスメディアは権力者に

縛れれているため当然懐疑的な報道です

 

やっぱりPCRを積極的にやり

新型コロナを封じ込めよう!

 

 

 

というふうにPCR検査はコロナには

有効と考えられていました

 

それは中国・韓国・台湾などが

早期のPCR検査で感染を食い止めた

 

と思われていたからです

 

 

ところが・・・・

 

PCR検査自体も怪しく

 

実際にPCR検査の発明者

キャリー・マリス医師自身が

 

「PCRはエイズや他の感染症

診断に用いてはダメよ!」

 

と言っています

 

PCR検査自体ノーベル賞

受賞している権威ある検査ですが

 

その発明者が警告しています

f:id:baouthereal:20200920105157p:plain

キャリー・マリス医師


PCR検査で検出できるのは

HIVなどの特有たんぱく

 

その遺伝子配列の一部は検出できるが

ウイルスそのものは検出できません

 

と言いきっていますので

 

コロナの存在を調べることは

PCRでは出来ないのだそうです

 

だから高いお金を払って

検査された方はご愁傷様です

 

実はウイルスとPCR検査との関係は

理論上でしかなく化学的ではありません

 

メディアなどがコロナに対しては

 

存在する体で視聴者に

刷り込んでいるだけです

 

またPCR検査自体ウイルスの欠片から

その存在を推測しているだけとのこと

 

そしてコロナ検査の場合エラー率は

80%だそうです

 

これはエビデンスも有るれっきとした事実です

 

なんの病気も無い人がPCR検査を受けると

5人に4人はコロナ陽性となるので

 

PCR検査は受けたらだめというのが

研究者たちの常識です

 

実際PCR検査キットにこう書いてある

 

 

注意書き「コロナの診断・治療に使用不可」

 

こういう書き方はしていませんが

違う使い方は保証しないよ

 

と説明書に書いてあります

 

ググってぼくのブログに飛んできた方は

すでにご存知のことと思います

 

そしてワクチンが出来たらコロナは

取り合えず安心とメディアは煽ります

 

それに乗っかる視聴者も

ホームラン級のバカですね

f:id:baouthereal:20200920104749p:plain

 

ただワクチン自体を

闇雲に信用するのは危険です

 

以前スペイン風邪という流行病が

ありましたが

 

この原因は第一次世界大戦に従軍する

兵士たちに強制したワクチンでした

 

医師がスペイン風邪に施した治療法は

患者に大量のアスピリンを投与したようです

 

アスピリンの副作用は発症すると半数が死亡

 

免疫が暴走するサイトカインストームにより

高熱が出て死にます

 

よってスペイン風邪で死んだのではなく

アスピリンの副作用で医者に殺されたのです

 

今回の新型コロナでもメディアに乗らず

ワクチン接種は控えてください

 

以前ワクチンで副作用が出たので

遠慮しておくとでもいえば良いです

 

でも法律が改正され強制になったら

この上なく危険です

 

ぼくは強制にならないことをお祈り

しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.