癌になっても抗がん剤は打つな!

もしも癌と診断されたらどうしますか?

 

ガッツポーズで喜ぶ人

 

辞める段取りを考える人

 

目の前が真っ暗になる人

 

反応は様々ですが一つだけ言えるのは

医者にそそのかされて延命治療をしなこと

 

何言ってんの?!

 

と思った人は完全に医療利権の餌食として

一般的な癌治療が効くと洗脳されています

 

癌というものはそもそも一日5000個から

ぼくらの体内で作られています

 

それでも死なないのはNK細胞が

体内をパトロールし癌細胞を発見して

 

瞬殺してくれているからです

ANK療法とは|がん治療・がん免疫細胞療法のリンパ球バンク

 

 

 

実際に癌と診断されるときに

黒でなくてグレーでも黒とされます

 

要するに癌治療はお金になるのです

 

放射線抗がん剤・臨床

 

癌の三大治療はドル箱です

患者が知らないのをいいことに

 

治療を促します

 

元々はNK細胞がいることで

人は癌に対して戦えるのに

 

超大な癌利権は真実を知られると困るのです

 

 

なので癌健診の判定はその時の気分で

決められているのです

 

 

口内炎で粘膜に水泡が出来たり

ただれたりすることを医学用語で

 

「異形上皮」といいます

 

日本の癌学界では同様の変化が

胃の内壁にあると「早期胃がん

 

と判定され胃の切除となります

 

因みに欧米で胃の異形上皮は癌と

診断しないそうです

 

初期大腸癌も同じ診断をされます

 

口内炎は口内なら重病では有りませんが

胃の内壁や大腸に出来るとたちまち

 

初期癌と診断されてしまいます

 

お腹開いて切除すれば医者はお金に

なりますからね

 

そして何も知らない患者は

初期癌だから切除で治った!

 

と無邪気に喜ぶわけです

 

ちなみに男性の前立腺癌の98%は

良性で悪性はたったの2%とのこと

 

でも医者は癌患者一人につき最低一千万円

儲かるから鴨がネギ背負ってきた!

 

と癌患者に仕立て上げるのです

 

今PCRの誤診断が話題ですが

マンモグラフィも大層いい加減で

 

アメリカではマンモグラフィ非推奨を

表明しました

 

またPET検査もマスコミの悪害で

大人気ですがPCRと同様

 

 

ちなみに欧米ではPETを用いません

 

週刊文春では癌健診は意味がないと

はっきり記事にしています

 

抗がん剤は元々マスタードガスという

大量殺戮兵器です

 

こういう強力な毒で癌を抑え込むのですが

ダイエットのリバウンドと同じで

 

急激な癌へのアタックはリバウンドを

生みますので癌細胞が一気に増えるのです

 

多くの医者は患者を治療していると

誤解しながら患者を殺しているのです

 

そもそも癌はソーセージやベーコン

肉や乳製品など動物性たんぱく質

 

これらを日常的に摂取していたら

仕方のないことです

 

 

ではなぜこういうことが新聞やテレビで

言われないのでしょう?

 

ぼくのブログの読者様はわかりますね

 

今日職場のおばちゃんがためしてガッテン

がどうのこうのと話していましたが

 

騙してバッテンが正解です

 

クソ面白くないですね

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.