ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

なぜTPPが良くないのか?

2016年の大統領選では

トランプとサンダース両氏は

 

表面上は全く違いましたが

根本に持っている思いは同じで

 

格差社会が広がったアメリカにおいて

 

1%に満たないスーパーリッチ層だけに

甘い汁を吸わせず

 

それ相応の税をとり

アメリカ国民のために還元してゆく

 

民主党とも共和党ともしがらみのない

政治家ですからこういう発想が出来るのです

 

そして大統領となったトランプ氏は

 

最終的に決定の判断を下したものの

最初はTPPの離脱表明をしました

トランプがTPP離脱表明 窮地の安倍晋三 赤かぶ

 

TPPはアメリカに不幸をもたらすと

強く反対をしていたのです

 

スーパーリッチ層がますます儲けるための

青写真がTPPやTTIPです

 

TTIPはEU版TPPとも言われ

ISDS条項も含まれています

 

このISDS条項とは外国人企業が

投資したビジネスを政府が棄損した場合

 

ISDS裁判により国に損害賠償を求める

(すなわち税金が外資に払われる)

 

実害が発生するわけです

 

ドイツは日本の3.11を機に脱原発政策を

とったのですが反原発を掲げたドイツに対し

 

スウェーデンのエネルギー企業が

この政策で損害を被ったとして

 

ISDS裁判を起こしています

 

悪名高きISDSに対し

日本政府は甘すぎます

TPPの毒素条項=ISD条項 ラチェット規定 NVC条項 スナップバック条項。なのに安倍首相が3月13日に参加表明 - Everyone says I  love you !

 

 

ちなみに日本の原発アメリカ製だそうです

 

仮に日本が脱原発を掲げた場合

 

アメリカの原発メーカーは日本政府を

ISDS裁判に訴える可能性があります

 

ISDS裁判は3名の企業弁護士によって

判決が下されるのですが

 

原告側から一名被告側から一名

 

そして中立な立場が条件の一名が

75日以内に見つからない時

 

アメリカ人の世界銀行総裁が

任命する仕組みとなっております

 

ところがほとんどの場合この一名は

米国籍の世銀総裁が任命するので

 

大方の裁判はアメリカが有利になり

過去一度も負けたことがありません

 

もし裁判に負けるとぼくらの税金から

巨額の賠償をすることとなります

 

しかも投資している企業は何度でも相手国を

訴えられその都度巨額の裁判費用が発生します

 

このようにISDS条項は投資家を損害から

保護するための条項なので

 

国家には全くメリットがありません

 

脱原発原発反対!と声高に叫ぶ人が居ますが

TPPやISDS条項が原発にまで絡んでいる

 

このような事実を知っているのでしょうか?

 

世界的に脱原発の流れが生まれているのに

 

TPPやTTIPによってがっちりと

エネルギー産業は守られているのです

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.