ラックんの日記

ラックんの日記

防犯カメラは監視カメラ

ぼくがこどものころは無かった防犯カメラが

今や街中のあちこちに付いています

 

この防犯カメラは犯罪抑止に役立っている

との触れ込みで街中の至るところに

設置されています

 

実はこの防犯カメラが犯罪抑止に

一切役立っていないのはご存知でしたか?

 

マスコミは防犯カメラの映像で犯人を検挙

みたいな感じで報道し防犯カメラを宣伝します

 

イギリスは防犯カメラが

500万台ほどありますが

 

英国内務省の報告書にはこう記してありました

 

「繁華街に設置されたカメラや

交通機関のカメラは

犯罪防止の効果はなかった」

 

でもほとんどの英国民は防犯カメラに

効果はないという報告は知りません

 

そして9.11以降はテロ抑止と嘯くわけです

 

翻って日本も防犯カメラ社会へ向けて

2015年から都内全ての公立小学校

1300校の通学路に設置開始

 

犯罪は決して増えているわけでもないのにです

 

その目的は国民の監視です

 

 

 

 

防犯というのはぼくらの個人情報を

違法に収集するための大義名分です

 

国はマイナンバーによって一見管理のうえ

顔認証カメラによって日々の動向を監視します

 

今の顔認証カメラは高性能で

 

指紋と同様十人十色な顔の違いを

瞬時にPCが解析し身元を割り出すとのこと

 

当然変装も意味が無いために

すでに顔認証対策グッズとして

 

プライバシーバイザー

f:id:baouthereal:20200817101835p:plain

 

というモノも売られています

 

またラファエルのようなマスクも

f:id:baouthereal:20200817102308p:plain

http://www.urmesurveillance.com/

 

 

信じられないかもしれませんが

個人情報は国家権力に筒抜けになります

 

個人の弱みはすべて権力が掌握し

従わない氾濫分子は検察が脅してきます

 

1984で描かれたディストピア世界

そのものでまさに奴隷社会です

 

 

 

そんなことあるわけないじゃない

と思っているのは本当におめでたい人です

 

日本は外堀からぼくらが意識しないように

規則正しく固められています

 

あまりに自然なので大多数の国民が

気が付かないだけです

 

ただ気が付いている人も当然いまして

そういう人達は自ら調べて自衛するわけです

 

自衛するためになにが世の中で起こっていて

それがなぜなのかを国内情報だけでなく

 

世界的な視野でみていくと縦軸と横軸が

合わさり繋がらなかった点が線となります

 

それはパズルが解けたみたいな感覚と

知ってしまった真実に恐怖さえ覚えます

 

なんとかして起こりうる未来に抗うため

対策を立てなくてはという気持ちになります

 

ぼくらを動かしている一握りの層は

想像をはるかに凌駕した存在です

 

そこに対しては抗いようがありません

 

ただ自身は変えられます

 

防犯カメラという名の監視カメラには

十分警戒してください

 

本当にプライバシーがなくなりますよ!

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.