ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

大人が絶対にやっちゃいけないこと

東京は蝉が鳴きだし

 

ようやく夏キター!

 

という感じですが日中出歩かづ

空調の効いた部屋で寝ているので

 

リアルな暑さを実感していません

 

 

ところでうちの職場にも陰口をいう人がおります

 

表面はすごくマイルドで当たりは良いんです

 

でも時々会話の中で否定的な表現が登場します

 

そういうときぼくは同調せず必ず

 

「へぇ~そうなんですか?」

 

のような聞き手に回るようにしています

 

そして職場では絶対に他人の否定はしません

 

腹の中では煮えくり返っています

 

だいたい挨拶してもシカトとか

 

そういうのがぼくは一番嫌いです

 

でも人はいろいろ自分のメジャーと違うと

不満に思うようでついつい否定表現をします

 

そして直接相手に言うならともかく

陰で否定的な発言をするわけですね

 

そういうときぼくも別の人の前では

陰口たたかれてるのかな?

 

とちょっと恐ろしくなります

 

これは一番大人がしてはいけない行為です

 

 

じつはぼく自身の反省でして

 

以前取引先の人と仕事でラスベガスに行きまして

 

24時間営業のカジノで数人で

酒を酌み交わしているときに

 

ついつい口が滑って取引先の

社長のことを悪く言ってしまったのです

 

ある日そこの社長と商談があり

 

浅草ビューホテルの最上階レストランで

苦言を呈されました

 

ぼくとしては手に持っているペンを

手に突き刺されると思い思わず

 

テーブルの手を引っ込めました

 

穏やかに話しているだけに

ヤバいなぁと思いました

 

もう20年くらい前の話ですが

それからぼくは陰口を止めました

 

相手に伝わらないだろうというのは慢心です

必ず相手に伝わりますので

 

絶対に言ってはいけません

 

こういう教訓があるので

ぼくに話した陰口はぼくで止めますが

 

普通はなんらかの弾みに出てしまいます

 

それは本人すら意図せず飛び出します

 

とにかく相手を不満に感じたら

誰かにその不満を伝えて仲間を増やそうとします

 

 

そこでぼくがやっているおススメの方法としては

職場は仲良しクラブじゃないと割り切ること

 

人数が集まって動いているのだから

合わない奴が居て当然

 

合わないやつはとことん相手にしない

 

相手にしなければ不満も出ない

 

こういう感じでやっているので

特に否定的な意見も出ないんです

 

世の中色々な人がいますからね

職場の同僚に対する悪口・陰口は、最終的に自分の身を滅ぼすってマジ ...

 

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.