ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

DTMのお話

今10代の子たちはその感性のまま

スマホタブレットというツールを

利用して音楽づくりを楽しんでいます

 

 

そこにはクラシックで習う音楽理論

などはなく、有るのは自分が聴いて

カッコいいかどうか

 

それはかつてのジャズを始めた

若者たちに通じるものがあり

堅苦しい理論でなく、自分達が

カッコいいかどうか?

 

それをインプロヴィゼーションする

新しい音楽として世界中で大流行

しました

 

DTM自体はぼくが20歳くらいの

ときにもすでにありまして

 

当時KORGシンセサイザー

名機M1などは、中にシーケンサー

実装していて、作曲が出来たのです

f:id:baouthereal:20190914133423j:plain

KORG M1

 

 

M1自体はなかなか高価でしたが

実際は二行のスペースでしこしこと

入力していくもので

 

今のDAWに比べたら陳腐なものでした

 

当時は学生で時間が腐るほどありました

ので夜どおし入力をしましたが

最初はコピーを入れました

 

そのあと自分の曲を入れましたが

まだまだプロになろうとかそういう

ところまでは考えていなかったです

 

なぜならば、自分の感性よりも

音楽理論が優先してしまい

コード進行はこうでなくては

ならないとか

 

細かい制約を自分の中に作ってしまい

楽譜やタブが読めないとプロには

なれないと信じていたからです

 

だから、今の子たちが自分の好きな

曲をまっさらなキャンバスに描くように

切り貼りしているさまは幼稚園児が

お絵描きをしているのと何ら変わりなく

 

そこには楽譜が読める読めないとか

楽器が出来る出来ないとかは

存在していません

 

全米でヒットしているビリーアイリッシュ

そんなラフな感じで作品をアップして

メジャーになりました

 

現在はそういう時代なのです

 

ここに音楽の新しい在り方が有り

まさに音楽という言葉そのもの

 

「音を楽しむ」

 

これにつきるのだと思います

 

 

40の手習いなんていいますが

よく大人になってから楽器を始める

人は少なくなく、それにならって

ぼくもゲームをやる感覚で改めて

DTMの扉を開いてみようかと

思います

 

もっと自由にもっと自分の感性で

自分が気持ちよいフレーズを

切り貼りして、ゆくゆくはアップ

したいです

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.