ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

Derrick Mayじゃん

体重体脂肪が順調に減っています

身体は締まってきている感じ

 

ていうか事実締まっています

 

ドライバーを始めたのはすでに

お話済みですが、肉体労働にしたから

というより一日2食に変えたのが

一番の理由だと思います

 

一日3食のときは全然痩せなかった

のですがやっぱり一食抜くとデカいですね 

 

 

 

話しは変わりますが本日親友から

クラブのお誘いがありました

 

http://www.contacttokyo.com/schedule/hi-tek-soul-2/

 

いやあマジ行きたいわ

 

基本夜型にはなっているので全然OKだし

 

明日はお休みなのでベストなんだけど

まだ会社入ったばっかりでとにかく

休みとか、時間があったら惰眠をむさぼり

たいので残念ながら今回はパス

 

そのうち身体も慣れるのでそん時は

愉しんで来ようと思います

 

 

 

こちらのクラブは渋谷に有るのですが

いわゆるガキ向けのクラブでなく

事前にWEB登録をした30代以上の

ハウスやテクノのいわゆる4つ打ち

愛する大人のクラブです

 

今若い人はヒップホップやEDMが

主流で四つ打ちは人気がありません

 

ぼくらの青春時代はハイエナジー

ユーロビートが全盛でして

いまでもハイエナジーやユーロから

抜けられない大人がマハラジャとかで

ディスコパーティーとかやっていますが

 

EDMに乗り切れない世代が結局ハウス

とかに固執しているのかなと思います

 

人は18歳くらいに聴いていた曲が

一生耳馴染みの良い曲となると

言いますが、その通りだと思います

 

35~40くらいの人は90年代を

駆け抜けてきたので小室サウンドとか

バンド系は大好物です

 

良く出るのがXjapan・ラルク

ルナシー・グレイ・イエモンなどなど

 

恐らく今の20代が大人になった時

WANIMAとか4limited sazabys

とか今のバンド系を「名曲だぁ」と

聴き続けるのでしょう

 

ぼくらが若いころおっさんの演歌とか

ひばりとか出たよ~とか思っていましたが

 

今ぼくら世代だと浪漫飛行とか

サザンとか普通にカラオケで歌っちゃいます

 

ぼくは内心恥ずかしいなぁと思いますが

これが現実です

 

ぼくの同僚はまだ40代なのにパプリカを

知りませんでした

 

このように音楽ってその世代世代で

ハマった時代があって、結局そこから

抜け出せずに何年たっても

「このころが一番いい曲多かったよね」

となるわけです

 

そしてなぜか、今の曲はダサい

となります

 

そんなことはありません

時代時代でいい曲はあります

 

食わず嫌いせず、いろんな時代

いろんなジャンルの曲を聴くことを

お勧めします

 

自分の音楽的見地が広がりますよ

 

折角スポッティファイとかあるので

活用してみては?

 

 

あぁそれにしても今日行きたかったな


Music Of Many Colours @ Contact Tokyo 4/14/17 After Movie

 

コンタクトは音が良いらしいので一回行きたい

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.