ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

これが思春期?

よく子供は3歳までに親孝行をすると

言いますが、人間というよりも一匹の

愛玩動物的な目線で掛け値なしに

赤ちゃんは可愛いですよね?

 

少子化と言われる現在

街中で少なくなったちびっこ達を

見るとよちよち歩きに思わず頬が

ゆるみます

 

この子たちがあと30年もすると

最も生産性の高い世代となるのですが

 

懸案事項を未来に先送りせずに

 

徐々に変えるとかでもなく

変えてゆくのは”今”だと思います

 

今変えられなかったら未来も変わりません

 

そんなこと適当にいうなよ!

 

本当にそう思います?

 

思っている人は相当おめでたいか

歴史に学べない人です

 

問題を先送りにしているのは

70歳80歳の高齢政治家や

その層を支持する高齢者たち

 

自分達があと30年生きているのか?

 

そういうことを考えたらその30年

自分達が快適に過ごしたい

 

未来の事はその時代の人達で解決

してくれ、と思うのは人情です

 

なんども言っていることですが

ぼくたち中年・若年層が「今」

ドラスティックに変換する動きを

してゆかないといけないのです

 

 

 

ところで話は飛びすぎましたが

可愛い赤ちゃんと言えばうちの

甥も10年以上前は本当に可愛かったのです

 

くだらないことをやるとキャッキャ

言って喜んでいたし、言うこと聞くし

本当に愛玩動物という言葉がぴったりでした

 

気が小さくてビビりでおかまっぽくて

「こんなんで大丈夫かな?」

少し心配しておりました

 

甥の父がまた子供みたいなキャラで

子育てにも興味なく素面の時はあまり

かまわないのですが、酔うと変な絡み

方をするので、甥もウザイと嫌がって

いましたが、本人は我関せず

 

自分が絡みたいときはとことんねちっこく

絡んで始末に負えません

 

そんな甥でしたが、なんと今

YOUTUBERとなり、定期的に

配信もしています

 

YOUTUBERというのは

まだネット配信などなかった頃の

タレントみたいなもので

 

タレント(有名人)を目指すということは

ある程度の身バレは当然の覚悟があるはず

 

ぼくも固有名詞こそぼやかしつつも

近しい人がみたら一発でわかりますし

 

隠そうという気もありません

 

ただ、有名にはなりたくないし

コンプライアンス的に問題が出る

部分もありますのでそこは気を使っています

 

なので、彼がYOUTUBERを始めたと

聴いたときぼくと妻は応援の意味も込めて

一視聴者として感想を言ったりしたかった

んです

 

ところが、本人は身内にばれるのが一番嫌だ

とか言って、そういう感覚ってぼくらわからない

ので正直おもしろくないねぇといつも二人で

言っています

 

親の知らないところでやんちゃしていた

らしいのですが、高校生にもなって

お母さんにつきっきりってどうなのかなぁ?

 

とぼくら夫婦は自分達の高校生時代を

振り返り疑問符がつきます

 

そんな彼はYOUTUBEでは

そういうところはおくびにも出さず

生意気な感じに仕上がっています

 

殆どお母さんに育てられたようなもの

なので女っぽくなっちゃうのは仕方ない

としても、それなりに生意気なガキに

育っているのでこれが彼なりの思春期

なのでしょう

 

それでも夏休みはYOUTUBEを使い

自分の好きなことを調べ

レポートをまとめ

アップしているのはおじさん関心です

 

学校の宿題やっているより絶対に

自分の身につくことは間違いありません

 

好きこそものの上手なれ

f:id:baouthereal:20190817105029j:plain

出典 http://www.tuber-town.com/

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.