ラックんの日記

ラックんの日々を綴る日記

ぼく間違っているかなぁ?

今年の四月に入ってきた新人と

今日初めて話しをする機会がありました

 

ぼくが昼休みをしていたら

やってきたので

男子1・女子1に持論を

語りました

 

先に向こうから質問があったので

本当はきちっと決められたとおり

の説明をするのが正解なんだろうけど

 

そこはぼくですから

 

社会人一年目にはまず企業は

ピンポイントで指示を出します

 

自分で考え工夫するのは

暫く経ってからです

 

でもぼくは一年目だからこそ

話しておきたいことがあったので

こう言いました

 

言われたことをピンポイントで

受け取らず言われたことの裏に

どのような目的があるのか?

 

これをつねに俯瞰したら?

 

 

物事には必ず目的があります

目的があるからそれに近づく

為に計画的に行動していく

わけです

 

なのでピンポイントだけ

注力すると肝心の大局が

見えづらくなります

 

大局が見えないということは

今やっていることの意味が

分からず効率的な動きには

なりません

 

言われたことをただ

もくもくとこなして

いるだけで

 

効率を図るための工夫や

行動が大局を見ている人より

遅れます

 

 

それから今の会社は自身の

ステップアップのための踏み台

にするように助言しました

 

会社は生きのこるためなら

社員を切り捨てます

 

社員は自分の人生に重きを

置くなら

 

会社に人生を委ねる

のではなく

 

会社を自分の経験値のために

利用するくらいでないと

 

これからやっていくのは

苦労します

 

学校教育の仕組みや成り立ち

なぜ今社会がこうなっているのか?

 

とか、通常学校やテレビでは

教えてくれないような

話しをしました

 

彼らは今までの人生で

昭和のおっさんおばちゃんに

言われるままに40年前の

価値観を植え付けらえれ

 

自由を拘束され

 

学校に行き洗脳され

 

就活して

 

北朝鮮のような

みんな同じの

面白味がない入社式を経て

入ってきた子たちですから

 

ぼくの話は今まで誰からも聞かなかった

真実でびっくりしていました

 

こういう話をぼくが彼らくらい

の時に聴かせてくれる先輩が

 

もしいたなら・・・

 

ぼくはプチほりえもん

位になっていたかもしれません

 

でもまだまだ50歳です

これからでもプチほりえもん

目指せます

 

プチですから小さく小さく

 

今の世代のエッジな人に学び

ながら自分をブラッシュアップ

していきますよ!

 

新卒女子に辞めるって言ったら

 

「いやです・・もっと話を

聴きたいです・・・」だって

 

お世辞でもおじさんはうれしいよw

 

 

 

©Copyright TheRealBaou. All rights reserverd.